クレオパトラも愛用していた!?プラセンタの10の効能・効果

プラセンタの歴史


プラセンタの歴史はかなり古く、4000年以上も前から胎盤には不思議な働きがあるということがわかっており、クレオパトラやマリーアントワネットなども摂取していたと言われています。近年では1933年にソ連のフィラトフ医師が胎盤の細胞が再生される効能を利用し、組織療法を行ったとされています。1947年には、海外では一般的な薬として、胎盤製剤が発売されています。日本に伝わってきたのは1953年で、組織療法から始まったとされています。

日本では更年期障害の治療薬として、1956年に発売され、徐々に研究が進められ、様々な効能があることが現在までにわかっています。プラセンタは医学的にも様々な効果があるとされており、脳卒中や小児麻痺、夜尿症や、高血圧、肝斑などにも効果があるとされています。細胞を活性化する働きがあるため、神経細胞を元に戻す働きがあるのです。

現在ではプラセンタサプリや、ドリンクや注射などによって販売されていますし、昔に比べ手軽で摂取しやすくなっています。海外から出回っているプラセンタサプリも多く販売されていますから、プラセンタサプリを選ぶのも種類がありすぎて迷うことと思いますが、できるだけ人気が高く日本で広く愛用されているプラセンタサプリを選ぶと良いでしょう。馬プラセンタを利用し、含有量が多いプラセンタサプリであれば、比較的、安全性も高く、摂取することで高い効果を感じることができる物ですので、摂取を検討してみると良いでしょう。

プラセンタサプリには、10個の効能があると言われています。


1
つ目は一番有名な美白効果。厚生労働省が認めたほどの美白成分となりますから、確実に高い効果をあげることができます。

2つ目は保湿作用です。乾燥肌の人は特に潤いを感じることで肌のツッパリ感をかんじなくなるとされています。

3つ目は皮膚の新陳代謝を促す効能です。ターンオアーバーが正常化し、肌がいつでも綺麗になります。

4つ目はコラーゲンを作り出す効果です。コラーゲンはハリを生み出しますからシワの予防に効果的です。

5つ目は細胞を増殖させる効果です。ダメージを受けている細胞を正常に戻すために役立ちます。

6つ目は血行を促進します。冷え性の人には高い効果を得られます。

7つ目は最近話題の活性酸素を除去するということです。錆びない体を作ることができます。

8つ目は炎症を防ぐ効果です。日焼けなど肌にダメージを受けてしまった時に、回復がはやくなると言われています。

9つ目はアレルギーになりにくい体作りができるということです。花粉症の予防や、喘息の予防などに効果があります。

10つ目は免疫を活性化させる作用です。自分の免疫をあげることで、風邪をひきにくくすることができます。

馬サプリメントであれば、上記の効能の他にもアミノ酸により、体の調子が他の動物プラセンタよりも整うと言われています。効能を知ることで、効果を感じられやすくなりますし、自然と肌と共に体も元気になってくることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です