青汁ダイエットを実践!6人中6人が成功した痩せる青汁の秘密とは?ヘッダー画像 青汁ダイエットを実践!6人中6人が成功した痩せる青汁の秘密とは?ヘッダー画像

むくみに良い青汁ランキング

朝起きると顔が腫れぼったかったり、夕方脚がパンパンになったり、どうにか解消したいむくみ。見た目の悪さだけでなく、血行が滞っているため違和感や痛みを感じることもありますよね。
むくみは放っておくとセルライトになったり、脂肪がつきやすくなってしまいます。
そうなってしまう前に、むくみは早めに解消しましょう。青汁はむくみ解消に効果的ですが、中でも効果をより実感できる成分を含んだ青汁を紹介します。

 

むくみに良い青汁の成分は?

そもそもむくみの原因は、冷えや血行不良で老廃物が溜まることや、塩分の摂り過ぎで体に余分な水分が溜まることです。塩分を摂り過ぎると体内の塩分濃度が上がり、元の状態に戻そうとする働きによって細胞から水分が染み出て、そのまま水分が滞ってしまうのです。
そんなむくみを解消するためには、老廃物の排出を促す成分や、血行を良くする成分を多く含んだ青汁を選びましょう。

 

①明日葉

明日葉は、ケールや大麦若葉に続いて青汁の主原料によく使われる野菜で、『今日芽を摘んでも明日また新しい芽が出る』ということから名付けられたほど強い生命力を持っています。
この明日葉の成分『カルコン』がむくみに効果的なのです。カルコンはポリフェノールの一種で、老廃物を排出したり血液をサラサラにする働きを持っています。
体に溜まった余分な水分や毒素を外に出し、血流を良くすることで、むくみをスッキリさせてくれるんですね。
また、カルコンには内臓脂肪を減らし、血糖値を下げる効果があることも実証されています。
ダイエットだけでなく、生活習慣病やメタボ対策にもピッタリの成分ですね。

 

②カリウム

ミネラルの1種であるカリウムもむくみ解消に効果的です。
カリウムは、ナトリウムと共に体内の塩分濃度を一定に保つ働きがあり、余分な塩分や水分を体外へ排出します。特に、味付けの濃い外食やコンビニ食が続いた時にはカリウムを積極的に摂取しましょう。
カリウムは野菜に豊富なので青汁にはもともと多く含まれていますが、特にカリウム含有量の多い青汁を選ぶことも大切ですね。塩分過多による高血圧の予防にもカリウムは役立ってくれますよ。

 

③ビタミンE

ビタミンEには血液をサラサラにして血行を良くする働きがあります。そのため、むくみの原因である血行不良や冷えを改善して、スッキリさせてくれます。
ビタミンEは『抗酸化ビタミン』とも呼ばれるほどアンチエイジングにも効果的なので、日頃から積極的に摂りたいビタミンですね。

 

 

むくみ解消に効果的な青汁ランキング


むくみ解消に効果的な青汁の第1位は『ピタヤと青汁のグラマラスリムスムージー』です。

グラマラスリムスムージーはカルコンたっぷりの明日葉の他に、カリウムの豊富な青パパイヤやピタヤ(ドラゴンフルーツ)から作られた青汁です。酵素もたっぷり入っているので、代謝を上げて老廃物の排出を促す効果も期待できます。満腹感を得られるサイリウムやバストアップ成分、美容成分がたっぷり含まれているのも特徴です。

 

カルコン・カリウム・酵素がたっぷり
バストアップ成分や美容成分も配合
ビタミンEもしっかり配合

 

 

第2位は『ふるさと青汁』です。カルコンたっぷりの明日葉が、葉・茎・根っこまでまるごと配合されています。また、ビタミンEも配合されているので、血行を促進してむくみや冷え性の予防にも役立ちます。クセがなく飲みやすいのも人気の理由ですね。

 

明日葉を根っこまでまるごと配合
飲みやすくて栄養も豊富

 


第3位は『めっちゃぜいたくフルーツ青汁』です

ぺこちゃんがモデルを務めていたり、色々な雑誌で取り上げられたりと注目が集まっている青汁です。豊富なフルーツと明日葉、酵素の力でスッキリを実感させてくれます。美容成分が贅沢に配合されているのも女性には嬉しいポイントですね。

 

カルコンたっぷりの明日葉を配合
フルーツの酵素もたっぷり

 


関連記事