グリーンスムージーの効果をあげるコツと注意点

今回はグリーンスムージーダイエットのやり方や効果について見て行きたいと思います。
タレントの優香さんが7kgやせたりなどして有名ですね。
ほかにも、小倉優子さんやSHIHOさんなどが独自の組み合わせのグリーンスムージ紹介したりして、有名人の間でも流行っています。

グリーンスムージーダイエットのやり方は簡単で毎日の朝食をグリーンスムージーにするだけ。
簡単ですよね。

By: ultrakickgirl

作り法も手軽でグリーンスムージーの粉末を専用のシェーカーに入れて水と牛乳を混ぜるだけ。
これだけでダイエット効果があるので、幅広い年代の女性が今グリーンスムージーダイエットを行っているのです。普段の生活では中々取りにくいミネラル成分や野菜の成分を手軽に取ることから無理なく体内から痩せることができるのです。
今までのダイエットが続かなかったという人もグリーンスムージーダイエットなら行いやすいのも特徴ですね。
そのお味も非常に飲みやすく苦味もほとんどありません。
グリーンスムージーは便秘が解消できる飲み物ですから、多くの女性のとっての味方になりそうです。
お肌にも良さそうなので興味を持っていたのですが、私にはグリーンスムージーに手を出せない理由がありました。
長い間慢性の下痢体質で苦しんでいたので、症状をさらに悪化させてしまうのではと不安に思っていたからです。
ところが、物はためしとネットで調べた下痢に効く食材を投入しグリーンスムージーを作って飲んでみたところ、徐々にお腹の状態が安定してきたのです。
材料は、小松菜、りんご、バナナ、冷凍ブルーベリー、はちみつ、そして濃いめに煮出した紅茶です。 カリウム、ペクチン、タンニンなどの成分を含む果物が腸内環境の改善、はちみつが殺菌、紅茶が腸の収れんの効果を発揮してくれます。
味は青臭さが苦手な私でも抵抗なく飲めるようなとてもフルーティーな味です。
薬ではありませんので効果は人それぞれだと思いますが、下痢にお悩みの方は試してみる価値ありですよ。

グリーンスムージーは、生の緑の野菜(グリーン)とフルーツと水を混ぜあわせたものなので、野菜が入っている分カロリーを抑えることができます。
ほかにも、便秘やビタミン不足が改善されるので、美肌効果の期待もできます。
いくつか注意点もあるようですが、基本は材料をミキサーにいれて水で調整するだけなので、とても手軽にできます。
材料自体もスーパーで簡単に手に入るものばかりです。
ダイエットをしたいけれどなかなかはじめられないという方は、必要なものはミキサーぐらいなので、グリーンスムージダイエットをはじめていががでしょうか?
まずは、有名人の方のレシピを参考にして、自分なりの組み合わせを考えながら楽しんでダイエットをしましょう。
私からもちょっとした注意点などを
グリーンスムージーを飲む前後40分は食事を控えたいので、まず朝食代わりに飲んでみたらいいと思います。
そして味が悪かったら飲めなくなってしまうので、果物と野菜の割合に気をつけましょう。
割合としては、果物が6割、野菜が4割くらいがおすすめですが、いろいろ組み合わせたり割合を変えてみたりして、自分のお気に入りを見つけてレシピとして記録しておくといいですよ。

野菜は、レタス、ほうれん草、青梗菜などがくせがなく飲みやすいですが、逆にセロリやパセリは香りがきついので避けたほうがいいです。

果物は、バナナで甘くして他にりんご、キウイなどを加えると甘酸っぱい感じでおいしくなりますよ。

仕事柄外食も多く偏った食生活だなと思っていたので少しでも良くしようと美容と健康を考え、朝ごはんにグリーンスムージーを飲んでいます。

野菜の調理法はいつも迷ってしまい結局サラダか炒め物、というマンネリ化があったのですぐ食べ飽きてしまっていたのですが、グリーンスムージーはいろんな野菜が使えるのにその度にいろんな味が楽しめて今のところ全然飽きることなく毎日美味しく飲んでます。

最近ニラが余っていたので挑戦兼ねておっかな半分入れてみたところ、意外と美味しかったですよ。
それよりもお腹の調子が目に見えてすごく良くなったのにびっくりしました。
食物繊維も豊富なので、お通じも良いです。
ビタミンも摂取できるので、お肌の状態もとても良いのです。

グリーンスムージーには余った野菜や葉っぱの部分など料理には使わないようなものも入れられるので無駄がないのも魅力的です。
朝食の代わりに飲んでいるのですが、野菜もたっぷり摂ることができますし、
好きなフルーツや野菜を入れることが出来るので、
自分好みのものを気軽に利用して作ることが出来るのです。

色々なフルーツを使うことが出来るということもあるので、
組み合わせ次第で色々な味を楽しむことが出来るのもポイントが高いです。
ホットでもアイスでも楽しむことが出来るのも良い点です。

さらに野菜ジュースとはまた違ったものなので、
満腹感を得ることができ置換えダイエットにもぴったり。
朝食としては十分なものなのです。

グリーンスムージーって本当に手軽に飲めるので、
普通のダイエットが続かない方にとってはとても嬉しいものだと思います(*´∀`)

でも、ただ飲むだけじゃだめなのご存知ですか?
飲むときに気を付けなきゃいけないポイント、ちゃんと知っていますか?

ダイエットで成功するために大切な2つのポイント

まず、飲むタイミングは正しいでしょうか?
飲むタイミングで一番ベストなのが、胃になにも入っていない朝です!
グリーンスムージーの栄養素が十分身体に行き渡るため、朝食代わりに飲むのがよいのです♪

次に気を付けたいのが、材料ですね。
「葉野菜+フルーツ+水」これが一般的定義です。
これで飲むと一番効率的に効果が得られます(о´∀`о)
これに牛乳やヨーグルトをいれてしまうとあまり吸収によくないのでグリーンスムージーには向いてないんですね(。>д<)
よく牛乳と混ぜてとかレシピが載っていますがあれは完全な間違いなのでやらないようにしましょう。

毎朝作るのが大変なら粉末タイプのものが市販されているのでそれを使ってもいいです。
手作りのグリーンスムージーでは取れない栄養成分がバランスよく配合されているので
絶対、生野菜の手作りじゃなきゃいけないってことではないです。

まとめ

グリーンスムージーは、野菜ジュースより腹持ちもよく食物繊維やビタミンも取れるので
ダイエットや美容目的に最適です。
また手作りが続かないようなら粉末タイプのものを使用するのもあり。
実際に飲むときには上記2つのポイントもお忘れなく!